ミシンが安い! ミシン修理! 福井県のミシン専門のショップです。

メール回答やお電話で解決した例

もどる

メール回答などで、解決した例  

ご連絡いただいた際、当方の都合で、すぐに対応できない場合もございます。
あらかじめ、ご了承いただきますよう、お願いいたします。

当店で、ご購入いただいたミシンに、万が一、不具合が発生した際のお願い。→コチラ

家庭用ミシン よくある使用ミス  

1 スタートしても、音がするだけで、ミシンが動かない

→下糸巻き軸が右側へ移動している(左へ移動して下さい)
(下糸巻き軸とは、ボビン巻きの時に、ボビンを差し込む棒です)

2 上糸が、まっすぐに縫える。ひっぱるとカンタンに抜ける。

→水平釜の場合、ボビンのセットする向きが逆、または、「手前のミゾ」に糸をかけていない。(説明書を見て、下糸のセット方法をご確認ください)

3 生地の裏に、糸がいっぱい出る

→上糸かけ時に、押え金を上げていない。(または、上糸が糸調子皿の間に収まっていない。)

職業用ミシン よくある使用ミス  

1 上糸が切れる・縫い目が とぶ・上下の糸が縫い目にならない

→針の「長ミゾ」を左向きにして取り付けていない。

→伸縮地を縫う時、伸縮地用の針を使用していない。

→針穴に糸を、右から左へ通している。(左から右へ通して下さい)。

お電話やメールで解決した例  

Table of Contents

メーカー:JUKI
型式:HZL-7700

10cmほど縫うと、ミシンが勝手に止まる  

(しんせつモニター左から2番目のランプが光る)

原因:糸検地糸案内に、しっかり糸が掛かっていない為、自動停止します。

画像の説明

解決方法:
http://www.juki.co.jp/household_ja/products/downlord2.php
姉妹機AT740説明書8ページ 上糸かけ 
押え金を上げた状態で、両手で糸を持って、しっかりと強く下側へ押え付けます。



メーカー:シンガー
型式:191U (足踏みミシン)

足踏みしても、針が上下しない  

原因:ストップモーション(運転止めネジ)が緩んでいます

解決方法:ストップモーションを締めます

画像の説明

参考資料:ジャノメ足踏みミシン HA1 説明書 5ページ
http://www.janome.co.jp/contact.html
ダウンロードページへ進み、愛称:HA1 で検索

補足:画像の矢印は、緩める向きです。しめる時は時計回りに回します。


メーカー:ジューキ(ベビーロック)
型式:BL22(推定)

エアレバーを押しても、糸が通らない  

原因:レバーの押し方が、ゆっくり過ぎると、糸が通りません。
押し始める瞬間から、強めに押します。

画像の説明

ご注意!
経年で、エアパイプ出口が詰まる事があり、その場合、何度もレバーを押すと、レバーを破損するおそれがあります。

エアパイプは、ご自身でメンテナンス可能です、説明書をご覧ください。
http://www.babylock.co.jp/support/download.html


メーカー:不特定
型式:不特定

モーターの音はするが、ミシンが動かない  

原因:下糸巻き軸が、右側にある

解決方法:下糸巻き軸を左側へ移動する

下糸巻き軸・・・・ボビンに糸を巻くとき、ボビンをセットする軸棒


画像の説明

メーカー:ジャノメ
型式:JP500他、ジャノメの家庭用ミシン全機種

上糸が釜のところで、ひっかかる感じがする  

原因:天秤の「糸穴」に上糸が通ってない
上糸を天秤にかける時、図のように糸が糸穴を通っていないと、うまく縫えません。

画像の説明

補足:釜に糸が、からんだ時などは、糸穴に通したはずの上糸が、外れている可能性がありますので、必ず上糸を最初から、かけ直して下さい。


メーカー:ブラザー
型式:PS202

釜の中で、上糸が、ひっかかる。  

原因:釜の掃除をしていない

解決策:取扱説明書をご覧いただき、釜のお手入れを実行ください。

説明書ダウンロード


メーカー:ブラザー
型式:ペースセッター

生地を送らない  

原因:はめ込み式針板の、一番奥側を、ネジの下に差し込んでいない。

解決策:ネジの下へ差し込む


メーカー:ブラザー
型式:LS700

上糸が釜にからむ  

原因:糸かけの前に、天秤を上げていない。

解決策:上糸かけ時は、押え金を上げ、針上下ボタンを押して、針を上にあげた状態で、糸かけを開始してください。
(針上下ボタンで針を上げると、天秤が上がります)



メーカー:ブラザー
型式:PC3000

天秤に糸かけできない  

原因:押え金が上がっていない

解決策:押え金が下がっていると、天秤に糸かけできないようになっている機種があります。



メーカー:不特定

糸かけは正常で、上糸調子を弱くしても、上糸がつっぱる。  

原因:古い絹糸をミシンで使用している。

解決策:糸コマに「ミシン糸」と記載されている糸を使ってみます。



メーカー:ジャノメ
型式:N105

糸調子が合わない(垂直半回転釜)  

原因:下糸調子が適切でないと、調子が合いません。

解決策:(垂直半回転釜の場合)

(ボビンケースを床へ落となさないように注意して)
ボビンをボビンケースへセットし、ボビンケースを糸の端を持って垂らします。かるく(3〜5cmくらい)ふった時、ボビンケースが1〜2cmくらい下がって(糸が出て)止まるくらいに下糸の強さを調節します。
上糸調子ダイヤルは4が基準、糸調子を見て、上糸調子ダイヤルを強弱します。(数字が大きいほど、上糸調子が強くなります)

糸調子を合わせやすい条件:シャッペスパンミシン糸#60 できれば白か生成り。オルガン針 #11または#14 生地はシーチング・ブロード・日本てぬぐいなど。

生地や糸が変わると、糸調子が変化する場合がありますので、上記で試し縫いをして、正常に縫える事を確認してから、他の生地を縫ってみてください。

一般的に、生地が薄いほど、糸調子を弱くします。厚いほど、強くします。

説明書ダウンロード:http://www.janome.co.jp/contact.html



メーカー:ブラザー
型式:B55

生地裏に糸がたくさん出る  

原因:糸カセット セット方法

解決策:ミシンの電源を入れ、針上下ボタンで針を上にあげ、カセット挿入口の右側のランプが緑色である事を確認してから、カセットを挿入します。

カセット取り出し時も、電源を入れた状態で、針上下ボタンで針を上にあげてから、取り出してください。



メーカー:ジャノメ
型式:セシオ 8500

送り歯が上がらない  

原因:はずみ車を1回転していない。

解決策:「ドロップつまみ」を操作し、送り歯を下げたのち、再び送り歯を上げる際は、「ドロップつまみ」を「上げる」の位置に移動してから、はずみ車を手前回しに1回転させる必要があります。

「ドロップつまみ」はジャノメの場合の名称です。メーカーにより名称が異なる場合があります。



メーカー:ベビーロック(株式会社ジューキ)
型式:糸取物語

縫い目が緩む(糸取物語)  

解決策:

差動機能付きの場合は、差動レバーを「縮む」側へ1段移動する。

糸調子微調節ネジを、プラス側へ少しまわす。
(縫い目を切り替える際は、標準位置(画像の状態)へもどしてください)
(送り目0.75mmの巻きロック時も、プラス側へ少しまわすと縫い目が整うことがあります)

画像の説明


メーカー:ジャノメ、その他
型式:不特定

押え金が上がらない  

画像の説明

 _,╋發魏爾欧疹態
◆_,╋發鮠紊欧疹態
 押え金を上げた状態から、さらに上へ持ち上げた状態

は、レバーは固定されません。指で持ち上げている間、押え金が高く上がっています。

原因:5〜6mm程度の厚地が押えの下に入っている時は、レバーを,ら△悵榮阿靴討癲押え金の上下位置が(ほとんど)変化しないので、「押え金があがらない」と感じる事があります。

解決策:厚地を出し入れする時は、の位置までレバーを持ち上げてください。
(生地が無い状態で、レバーを動かすと(´↓)押え金が正常に動くのが確認できると思います。)

ご注意! 1

スタート時は、必ず押え金が下がっている(レバーが,両態である)事を確認してください。

厚地の場合、レバーが△琉銘屬任癲◆弊乎呂伐,╋發接していると)押え金が下がっているように見える事があります。
その状態でスタートすると、生地が進まずに、糸が釜に「からみ込む」事があります。

ご注意! 2

の位置にすると、押え金が高く上がりますが、厚地の出し入れや、ボタンホール押えなどの脱着時等で使用してください。

「押え金が高く上がる分の厚さの生地」が縫えるわけではありません。

ご注意! 3

メーカーと機種により、レバーがの位置まで上がらない仕様になっている事があります。



メーカー:不特定
型式:職業用ミシン

ニット用の針を使用しても、ニットで目とびが発生する。(職業用ミシン)  

原因:標準の押え金や針板でニットを縫うと、針の抜き刺し時に、生地が針につられてペコつき、目とびが発生する事があります。

解決策:ニット用の押え金 針が落ちる穴の小さな針板を使用してください。

針落ちの近くまで、生地を押えますので、ペコつきが発生しにくくなり、目とびが発生しなくなる事があります。



メーカー:不特定
型式:布押え圧調節機能があるミシン

布押え圧調節のダイヤルの回転が重い(かたい)  

原因:押え金を上げた状態で、ダイヤルをまわしている。

解決策:押え金を下げた状態で、ダイヤルをまわしてみてください。



メーカー:シンガー
型式:マジックボビン使用のタイプ(40年?くらい前のミシン)

スタートして2〜3針で糸がからむ  

原因:ボビンにキズ
解決策:ボビンを交換したら解決しました。


メーカー:ハッピー工業
型式:M-8000

スタートして2〜3針で糸がからむ  

原因:糸かけ
解決策:スマホで画像を送信していただき、アドバイスにて完了しました。


メーカー:不特定
型式:不特定

職業用ミシン 縫い目が とぶ  

原因:針の取り付け方法 または 針の微妙な曲がり
解決策:説明書を見て、新しい針と交換する


メーカー:不特定
型式:不特定

3本糸ロックミシン 縫い目が とぶ  

アドバイス:糸かけ・糸かけ順・針の種類・新しい針と交換・針の取り付け方法の確認


メーカー:ブラザー
型式:ボタンホーラー(ボタン穴かがり器)

穴かがり器の「つまみ」を回しても「布押え」が動かない  

解決策:http://blog.livedoor.jp/mishin_plaza_fukui/archives/45415431.html


メーカー:ブラザー
型式:ZZ3-B???

スピード調節つまみ が取れてしまい、速度調節が出来ない  

解決策:交換部品 メーカー供給終了。フットコントローラー対応機種でしたので、フットコントローラーをお買い上げいただきました。
(速度調節つまみが最速の位置で折れたとの事)


メーカー:不特定
型式:不特定

下糸巻きの途中で、停止する。  

原因:すべりの悪い糸を使用している。(一部の100円ショップの糸)
解決策:シャッペスパンミシン糸をオススメいたします。


メーカー:アックスヤマザキ
型式:AG-001

最初の1〜2針で、かみこむ。  

原因:「天秤」に糸がかかっていない。


メーカー:ブラザー
型式:OB-510

10センチくらい縫うと、かみこむ。  

原因:30番の古いカタン糸を使用。
解決策:シャッペスパンミシン糸などのポリエステルミシン糸をお使い願います。


メーカー:不特定
型式:職業用ミシン

釜注油箇所  

赤い丸の部分に2滴ほど注油します。
(注油後は、糸や生地に油が付きますので、すて布を油が付かなくなるまで試し縫いしてください。)

画像の説明


メーカー:ジャガー (水平釜)
型式:KD−650

上糸が釜にひっかかる。  

原因:上糸からみこみ時に、回転止めの板バネが変形。
解決策:板バネの形状を整えていただき解決しました。


メーカー:JUKI
型式:MO−345DC

動かすと異音がする  

原因:針が曲がり部品に接触していました。
解決策:針を新しいものと交換。


メーカー:ブラザー
型式:ペースセッター

生地が進まない  

原因:「送り歯」の歯と歯の間にホコリの固まり
解決策:固まりを取り除き、解決しました。


メーカー:ジャガー
型式:HJ−030(糸立て棒が縦のタイプ)

上糸(シャッペスパン)が糸立て棒に巻き付く  

原因:糸コマが回転すると糸が下に落ちて軸に巻き付く。
解決策:真上から見て、糸コマが時計回りに回転するようにセットする。糸コマの下に(糸コマが暴れないように)「糸立てザブトン」を敷いてください。


メーカー:ジャノメ
型式:PE860

自動糸切り 糸が切れない  

原因:自動糸切機構のネジが外れた
解決策:お電話でのアドバイスで解決いただきました。


メーカー:JUKI
型式:エクシード

自動糸切り 下糸が切れない  

原因:ボビンのセット方向が逆
解決策:下糸を引いたとき、ボビンが反時計まわりに回転するのが正常です。


メーカー:JUKI
型式:HZL-9800

針止めネジを締めても、針が抜けてしまう  

原因:針抱きの上下位置のズレ
解決策:針抱きが針棒から外れるタイプで発生する事があります。
針棒に対する針抱きの位置が上下にズレているため、針止めネジの先端が針棒の左右のミゾに入らず、針棒の右端で止まってしまうため発生します。お電話でのアドバイスで解決しました。


メーカー:JUKI
型式:TL30DX

自動糸切り 糸が切れない  

原因:針板下部のホコリや糸クズによる不調
解決策:針板を外し掃除。お電話でのアドバイスで解決しました。


メーカー:ブラザー
型式:TA3-B627

フットコントローラーを踏んでも動かない  

原因:安全装置
解決策:ミシン糸立台の下(背面)のリセットスイッチを押す。


メーカー:ジャガー
型式:上糸クイック糸かけ 機種

4〜5針動くと勝手に停止する  

原因:安全装置
解決策:上糸をかける時、両手で糸を持ち、カチッと手ごたえがあるまで、強く糸をミシンに押し付ける。(シール貼付あり)


メーカー:ジャガー
型式:上糸クイック糸かけ 機種

4〜5針動くと勝手に停止する  

原因:安全装置

解決策:スタート時。上糸は押え金下奥側ではなく、押え金下左へ出す。


画像の説明
メーカー:ベビーロック
型式:衣縫人

ロックミシン 縫い目不良(生地裏)  

原因:アンテナがいっぱいまで伸びていない。
下ルーパー糸がスムーズに出てこないので、ところどころ調子が強なり、針糸と上ルーパー糸を生地裏へ引っ張り出しています。


powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional