ミシンが安い! ミシン修理! 福井県のミシン専門のショップです。

針板の傷


もどる

針板のキズ  

画像の説明

お使いのミシンの、針板の針穴(針が落ちる穴)を見てください。
もし、穴の前後に傷があったら・・・・

●穴の手前にキズ

生地を押え金下から引き出す時、生地を手前側に引いていませんか?

針が、糸に、「手前側へ引っ張られて」、曲がる事があります。
手前側に曲がった針が、針板に接触して傷が付きます。

✓予防策 → 生地を、左から後方に向けて引き出す。
(糸が、針の針穴から下方向へ流れるので、針が曲がりません。)

●穴の向こう側

厚地の縫い始め、段差の乗り上げなど、生地が進みにくい時に、生地を無理やり奥側へ引っ張っていませんか。

✓予防策 → 押さえ金が(横から見て)水平になるように、押さえ金の奥側(針が落ちる位置より奥側)に「あて布(または 厚紙など)」をすると生地が進みやすくなります。

■解決策

画像のように傷が大きくなったり、バリ(金属のトゲ)が出来ると、糸切れ、縫い目不良(生地裏に糸がたくさん出る)・針折れ等をおこします。キズが小さい場合は、紙やすり等で磨いてキズの影響を小さくします。キズが大きい場合は針板を新しいものと交換します。


画像の説明
画像の説明


◎補足(確認方法・応急策)

針板の傷が原因」かどうか、確かめるには・・・・

  • 家庭用ミシン

直線縫いの、針の落ち位置を変えて縫ってみます。

1.機種によっては、模様一覧の中に、「針が中央に落ちる直線」 と 「針が左端に落ちる直線」があります。

2.一般的に、コンピュータミシンの場合、針の「ふり幅」をゼロにすると、針が左端に落ちるようになります。

3.機種によっては、直線縫いの針の落ち位置を変更できません。

ご注意!

正しい使用方法でも、針が針板に接触したり、針が折れるなどの場合は、ミシンに不具合が発生している可能性があります。危険ですので、使用を中止して、購入店、メーカー等へご相談ください。

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional